メンブレン方式のキーボードについての解説ページです。

メンブレン方式のキーボード

メンブレンキーボードとは

メンブレン方式のキーボードは、主にデスクトップPCの文字入力用として広く普及している最も一般的なキーボードです。

キーの中央にある軸をラバードームで覆う形状になっており、フィルムを重ねた1つのシートに全てのキーをカバーさせる形状になっています。キーを指で押すと上下2枚の接点シートというパーツが触れ合う仕組みになっており、接点シートの上下が接着することでキーの入力を感知します。

キーを押したときのストロークが深く、一定以上の力を加えると沈んでいくような感覚が特徴です。一度押したキーは、キーの下に接着しているシリコンキャップによって押し戻され、元の高さまで戻る仕様になっています。

メンブレンキーボードを選ぶメリット

メンブレン方式のキーボードは2,000円~3,000円程度の安い価格で購入できる商品が多く、手が出しやすいメリットがあります。低価格で購入できるので、メーカーによってキー配列や形状が細かく違うものの中から、自分に合ったキーボードを選びやすいです。

とても安価で購入できるキーボードのため、会社や学校などでも触れる機会が多いです。そのため購入した直後でも指になじみやすく、会社や学校で使っているキーボードとの使い心地のギャップが少なくて使いやすいメリットもあります。

おおよその使用感はどのメンブレンキーボードでも似ているため、会社や学校で使っているキーボードの使用感とほぼ同じ感覚で使うことができます。

メンブレンキーボードを選ぶデメリット

キーの感触自体は柔らかいのですが、多くのメンブレンキーボードはキーの中央が凹んだ形になっているため、押しづらさを感じることがあります。

メンブレンは元々のキーストロークが深いので、意外としっかり押し込まなければ入力を受け付けません。そのためキーをあまり強く叩かない人は「押したのに入力されない」といったことがたまに起こります。

また、文書作成など短時間に多くの文字を打ち込む作業の際に指が疲れてしまうことがあります。

メンブレンキーボードをオススメできる人

4種類のキーボードのうち、メンブレンキーボードをオススメできるのは次のような人です。

  • メーカーや形にはこだわらないから、とにかく安いキーボードがほしい人

  • どこにでも売ってるものでいいから今すぐ使えるキーボードがほしい人

  • キーを静かに押すというよりは、叩いて操作する癖がある人

メンブレンキーボードは深くまで押し込まないと入力を受け付けないことがあるので、キーの入力時にあまり音を立てず、優しい力で押し込んだり、なでるようにキー入力をする人の場合は入力ミスが起こりやすいです。

そのため、キーを叩いて操作する人のほうが、キーの入力を受け付けないストレスは少ない傾向があります。